DSC_0249.JPG

Welcome to my website!

​小田あゆみの研究者個人ホームページです。

樹木生理生態学を基礎として、

多様な樹種で構成される森林生態系が

どのように維持されているのか、

信州の山岳域やアジアの乾燥地・北方林などを対象に

土壌と植物の繋がりの点から調べています。

​樹木の共存メカニズムとは?

​森林は陸上で最も多様性の高い生態系です。

植物の生育に必要な養水分を

どのように獲得し、利用しているのでしょうか?

奪い合いか、分かち合いか?

目に見えない養水分の動きを知るために、

土壌から根、根から葉への安定同位体比の変化を

追いかけています。

DSC_0655.JPG
DSC_0622_edited.jpg

樹木は環境にどう適応する?

​樹木は乾燥地や寒冷地にも分布し、

人間生活とも深い関わりを持っています。

厳しい環境下で、大きなバイオマスを持つ

森林や樹木が維持されるには何が必要でしょうか?

気候変動や人間活動による森林劣化を食い止め、

植生を回復させる手がかりを見つけるため、

森林生態系の養水分動態を調べています。

都市樹木と環境ストレス

私たちの暮らしに潤いを与えてくれる都市樹木も

厳しい環境に耐えて生育している場合がほとんどです。

樹木生理生態学的な研究成果をら

都市樹木の管理に役立てる活動をしています。

ヒートアイランド現象の緩和やCO2の蓄積など、

都市樹木の役割は今後ますます大きくなっていきます。

IMG_4904.JPG

News & Topics 

2021.3.1  ホームページをオープンしました
2021.3.8  信州大学山岳研究所年次報告会で発表しました
2021.3.13  日本樹木医会東京支部研修会で講演しました
2021.3.18  日本森林学会で発表しました
2021.3.24  共著に入れていただいた乾燥地樹木のレビューが出版されました
2021.5.24  根の研究国際学会(ISRR)で共同研究者のポスター発表がありました
​2021.6.5  根の研究会で共同研究の発表が優秀発表賞を受賞しました
2021.7.26  信大西駒ステーションで調査をおこないました
​2021.8.5  信大乗鞍ステーションで調査をおこないました
2021.9.29-30 信大西駒ステーションで1泊2日の調査をおこないました
2021.10.1  藤岡市の桜山公園(三波川)の樹勢回復のお手伝いをすることになりました
2021.10.7  共同研究の国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))が採択されました